2010-08-06

エミ・マイヤー(ミュージシャン)2010.August.10th.

1:<パスポート>をアルバムタイトルにしたのは?

エミ・マイヤー:
ツアーや 旅行中に描いたアルバムだし、言語が話せなくても音楽を通じて人と交流できるから、パスポートみたいなものですね。そのコンセプトはアルバム制作中にも実感しました。



2:アルバム<パスポート>を紹介してください。

エミ・マイヤー:
曲に一つずつストーリーを描くのが大切でした。そして、何回かに分けて違う国で地元のミュージシャンと録音したので、それぞれの世界観が独特だと思います。



3:今回のサウンド作りで工夫したことは?

エミ・マイヤー:
最初は声とピアノで元をつくりました。次に素晴らしいミュージシャンとセッション的にアレンジしていきました。「約束」はギターとつくってから、特別にZion Hillというレゲエ・バンドにアレンジして頂きました。



4:旅行はお好きなんでしょうか?

エミ・マイヤー:イエ〜ス!Sukidesu!


5:一番思い出に残っている旅行はどこですか?

エミ・マイヤー:
どの場所も特別だから決められないな。でもイタリアがとても好きです。すごく歴史を感じて、インスピレーションになります。



6:あなたの故郷はどんな所ですか?

エミ・マイヤー:
シアトルにはいろんな人が集まっていて、音楽づくりには良い場所です!



7:<貝殻>というPVを更新されたそうですが、海はすきなのでしょうか?
あなたにとってこの曲は どんな意味があるのでしょうか?


エミ・マイヤー:
海が大好きです。水平線を見ると落ち着きます。



8:あなたにとって「美しい」とは何ですか?

エミ・マイヤー:ミステリーがあることが大切ですね。


9:ご自身の芯になっている部分はジャズですか?

エミ・マイヤー:ピアノのコードと作曲の基礎はジャズからきましたね。


10:一番尊敬する人は誰ですか? 

エミ・マイヤー:
そうですね...私は親をとても尊敬しています。オープンで好奇心をもっていて、彼らのお友達も素敵です。



11:ご自身の中に日本の文化の影響は感じますか?

エミ・マイヤー:
生まれた時から母と日本語を話して来たし、夏は日本の従兄弟や祖父・祖母に会いに行ったり、体験入学をしたりしました。母は仏教美術や近代美術の研究をしているので、日本画にもすごく刺激を受けましたね。自然とアメリカの文化と同時にアイデンティティーの一部になりましたね。



12:幸せを感じる瞬間を教えてください

エミ・マイヤー:
家族や友達、自然と音楽に囲まれている時も幸せだし、発見をしたり自分にできることが増える時も嬉しいです。両方、曲が湧き出るきっかけになって、さらにハッピー度が上がります。



13:あなたにとって「静寂」とは何ですか?

エミ・マイヤー:
「静寂」はとても力があると思います。使い方によって、「音」くらいインパクトを与えられると思います。


14:歌う言語によって感情の変化はありますか?

エミ・マイヤー:両方、感情が一番大切です。


15:気分転換には何をしますか?

エミ・マイヤー:探検♪Explore!


16:音楽的にどう進化していきたいですか?

エミ・マイヤー:
いろんな国のミュージシャンとコラボレーションして、音楽的にもチャレンジしていきたいです。



17:ファンにメッセージをお願いします。

エミ・マイヤー:
ライブでお会いしましょう!



(This email's interview is current as of July.2010)

-----------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from PLANKTON
All rights reserved by Emi Meyer

Emi Meyer Profile :
アメリカを拠点に活動するシンガー・ソングライター。デビュー・アルバム「キュリアス・クリーチャー」はi Tunes Storeや多くのCDショップJAZZチャートで首位を獲得。またヤエル・ナイムの日本ツアーにも同行し、FUJI ROCK FESTIVALなど複数の大型フェスにも出演している。日本語アルバム「パスポート」はShing02と共同プロデュース、2011年に新しい英語アルバムの発表を控えている。

Emi Meyer related website LINK:emimeyer


-----------------------------------
Questioner:Yukiko Yamaguchi
Japanese language:Emi Meyer

-----------------------------------------------------------------------
Web magazinekimbou : English ページへ Web magazinekimbou : English
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home

ジョゼフ・ダンヴェール(ミュージシャン)2010.August.10th.

1:フランス国立映像音響芸術学院(La Témis)の御出身だそうですね。視覚芸術(ビジュアル・アート)はどんな魅力がありますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
ずっと 視覚芸術(ビジュアル・アート)の勉強をしていました。映画の前に、デザイン...当時映画と写真の勉強をです。私にとって視覚芸術(ビジュアル・アート)はロックの代わりになるものなんだ。ライブ・ツワー期間 旅先でカメラを持って ブラブラするのは 気持ちがいいものですよ。



2:音楽と写真の大きな違いは?

ジョゼフ・ダンヴェール:
それらは全く同じです。どちらで表現するかは場合によります。昔みたいにアマチュアっぽく遊んでみたりとか、きっかり仕事として作ってみようとか。私にとって、それは自由を意味します。



3:あなたにとって「美」とは何ですか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
いろいろ。美は世界を支配する。



4:あなたの音楽のコンセプトは?

ジョゼフ・ダンヴェール:
いくつかのロックバンドを経て、ヒップホップやエレクトロニック・プロジェクトの後、その間 何かを創造的なことをしたくなったです。 私の音楽は「若いパリの若者の音楽家のひとり」としてよく言われるけど、ヒップホッププロデューサーと共に働きながら、ロックを追求しています。



5:リスナーは あなたのアルバムに対してどんなことをつかんだらよいでしょう?

ジョゼフ・ダンヴェール:
アラン・バシュング(1)によると「歌というものは、音(音楽)によって感動し、ことば(歌詞)で思い出を作る物だ」Tant de Nuits(2)で一緒に仕事をした時に教えてもらったんだ。あんまり うまく説明できなけどね...;)


(1) アラン・バシュングとは 1947-2009 パリ出身、フランスを代表するロック歌手
(2) アラン・バシュングの 2008年発売のアルバムBleu Pétroleは 年間アルバム賞 Album Variété de l'année を受賞。Tant de Nuitsは そのアルバムの中の収録曲。 



6:音楽のインスピレーションをどのように得ていますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:夜 ワインを飲みながら


7:好きな音と嫌いな音はありますか?(生活音)

ジョゼフ・ダンヴェール:
好きな音は 女の子の声、ささやき声とか...説明しなきゃ 駄目かな? ;-)
嫌いな音は パリの車の騒音 



8:パリ生まれ、パリ在住だそうですが、パリで好きな風景はありますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
ヌーベルで生まれたんです。(フランス中央、Bourgogne) それは 英語のneverに似た発音だよね。.....でも、パリに15年間住んでいますよ。 私のお気に入りの風景は夜のピガ-ル(右岸 9区北)です。 明かり、活気、行方不明の人々、奇妙な話、アルコールとドラッグ...。 人生のレジュメさ!



9:あなたにとって「静寂」とは?

ジョゼフ・ダンヴェール:満足


10:日本は好きですか?どこかいったことありますか? 

ジョゼフ・ダンヴェール:
一度ライブのために東京に行ったことがあります。 それで日本が大好きになったんだ! また、戻りたいと思います。人々、文化、歴史、食物、女の子.....大好きだよ! また どうぞ 呼んでください!



11:気分転換には何をしますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:ボクシングの練習か 酔っぱらうこと。


12:好きな鳥はなんですか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
蜂鳥が好きです。この小さな鳥は 生涯飛んでいて そしてたった一度 死ぬときに上陸する...
この話、ウォン・カーウェイの映画「欲望の翼」で蜂鳥の映像をバックに語られているんだ。



13:最近 何に興味がありますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
小説を書くこと。 私の最初の1册「La nuit Ne viendra jamais」が 3月に、フランスでリリースされました。
それが好評だから、また他に1つ 書こうかと思っているんだ。



14:何があなたを幸せにしますか?

ジョゼフ・ダンヴェール:
残念ながら、それほど多くはないんだ...。
...でも、そうだな、今、次のアルバムのミキシングをしていて、レディオヘッド、べック、エール、およびシャーロット・ゲーンズブールのサウンド・エンジニアと一緒に制作しているんですよ!



15:健康の秘訣は?
ジョゼフ・ダンヴェール:
おいしいものを食べたり、おいしいワインを味わったり、それから ボクシングの練習さ。ツワーとか、歌うってことは まったくハードなものだからね。



16:日本のファンへのメッセージをお願いします

ジョゼフ・ダンヴェール:
みんな愛してるよ!新しい曲を持ってまた日本にいきます。どうか温かく迎えてやってください。



(This email's interview is current as of June.2010)

-----------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from Joseph d'Anvers .
All rights reserved by Joseph d'Anvers .

Joseph d'Anvers Profile :
タヒチ80のレーベル、Atmospheriqueの期待のシンガー・ソングライター、ジョゼフ・ダンヴェール。パリで生まれ育ち、フランスで最も名高い映画学校La FEMIS(フランス国立映像音響芸術学院)を卒業後、ファースト・アルバム「Les Choses En Face」を制作。その映像を想起させるような叙情的でポップなサウンドと個性的な歌声が、今フランスのポップ・シーンで大きな話題となっている。
DJ シリル・コピーニ Cyril Coppini Official Web Siteより参考

Joseph d'Anvers related website LINK: Joseph d'Anvers official site

-----------------------------------
Questioner: Yukiko Yamaguchi
Translation:yukiko yamaguchi
Thank you for your cooperation with Profile: DJ Cyril Coppini Official site
-----------------------------------------------------------------------
Web magazinekimbou : English ページへ Web magazinekimbou : English
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home