2012-12-06

三浦直樹(ブルガリ イル・チョコラート) 2012. December.10th

1:一粒一粒丁寧にハンドメイドされ、「チョコレートの宝石」と言われる三浦直樹シェフのチョコレートですがイタリアの各地の風味を加えた「イタリアエレガンス」に仕上げられたり、17世紀イタリアのメディチ家が君臨したフィレンツェの宮中の伝統を伝えたり、モダンと伝統が常に息づいてるチョコレートを創作し続けてらっしゃいますね。ひとくちで食べてしまうのには勇気がいるそのチョコレートを食べる心構えを少し教えていただきたいのですがいかがでしょうか?

三浦直樹 :
素材の組み合わせやバランスを、より味わって頂きたいので、食べる前に素材を理解した上で、イメージしながら召し上がって頂けるとよろしいかと思います。


2:芸術的なチョコレートと評判ですね。「芸術とは自然の模倣」という話もありますが 例えば四季の味覚などは創作上 意識されますか?見た目の美しさや味の点において日本を意識されることはあるのでしょうか?お客様の好みの傾向をどう感じてらっしゃいますか?

三浦直樹 :
四季の変化を、より良く感じられる日本で育ってきたので、やはり意識はしてますね。お客様のお好みですが、昔にくらべると奇抜な素材なんかも、かなり広い層に受け入れられるようになったと思います。


3: 色々な種類のデザインを捜索されながらも一貫した美意識が感じられます。流行と伝統の関係を創作上、どのように意識されていますか?

三浦直樹 :
流行に合わせようという意識はないです。伝統的な物も同じですが、古くからある物でも、良いものは良いと思います。


4:三浦シェフにとって「美しい」とはどのようなことでしょうか?

三浦直樹 : 本当に美しい物は誰が見ても美しいと思います。(笑

5:パリの「ステラマリス」「サダハル・アオキ」での修業時代 フランスと日本の違い、難しさはありましたか?フランスの暮らしはいかがでしたか?

三浦直樹 :
違いもあったと思いますが、とても楽しかったです。多くを学べましたね。


6:フランスでのお気に入りの場所を教えてください。

三浦直樹 : サクレクール寺院
暇なときによく行ったから。景色がきれいでした。


7:フランス語の習得は難しかったですか?

三浦直樹 : 難しいというか、あまり習得出来てませんでした・・

8:子供の時 どんなお菓子が好きでしたか?

三浦直樹 : おはぎ
いまだに、あんこが好きです。


9:三浦シェフにとって「チョコレートの魅力」とはどのようなものでしょうか?

三浦直樹 : 完璧が、ほぼあり得ないと思えるところ。

10:チョコレートを創造する時 何からインスピレーションを受けますか?

三浦直樹 : 食事や会話、買い物とか・・生活すべてからですね。

11:素材を見て創作意欲が沸く事はあるのでしょうか?素材の良さが創作に結びついたことはありますか?

三浦直樹 :
僕は新しい素材に出会ったら、とりあえずチョコレートにします。


12:新作のお話を少しだけ教えていただけますか?どんな商品になりそうですか?

三浦直樹 :
ある素材を、初めてチョコレートに合わせてみました。面白いとは思います。


13:それをチョコレート・ファンの方にどういう風にみてもらいたいでしょうか?

三浦直樹 :
賛否はあるでしょうが・・・新しいと思って頂けたらいいですが。


14:「イタリアエレガンス」なチョコレートを作りつづける工房のある「ブルガリ イル・カフェ」の内装もエレガントに感じられますが、三浦シェフは「エレガンス」という言葉をどんな風に意識されていますか?ご自身にとって「エレガンス」とはどのようなものでしょうか?チョコレートを創造される際にも意識されますか?

三浦直樹 :
客観的な目線で、似合っているとか、かっこいいとか思われることがエレガンス。チョコレートで言えば、ブルガリらしいチョコレートは意識しています。あと、見た目だけではなく、素材の組み合わせの面白さやバランスの良さ等がエレガンスという表現につながってくるのだと思います。


15:1日のうちで何をしている時が好きですか?

三浦直樹 :
使ったことのない食材を使用して、新しいチョコレートが出来た時がショコラティエとして喜びを感じる時ですね。


16:三浦シェフにとって「おいしい」とはどのようなことでしょうか?

三浦直樹 :
ほんの少しで良いので、驚きと感動がある事。


17:ファンにメッセージを御願いします。

三浦直樹 :
僕のファンらしき人には、出会った事がないんですが・・・・僕の思う最良の素材と、最良の組み合わせ。他にはない様なチョコレートばかりです。そんなチョコレート達のファンが増えてくれたら嬉しいです。贈られる人だけではなく、贈る人も喜びを感じられるようなチョコレートを創り続けます。



(This email's interview is current as of November. 2012)
-----------------------------------------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from 三浦直樹 (ブルガリ イル・チョコラート)
Related website LINK:
BVLGARI IL Hotels and Resorts
BVLGARI IL CIOCCOLATO ONLINE SHOP


三浦直樹(Naoki MIURA)- ブルガリ イル・チョコラート メートル ショコラティエ・プロフィール: 1970年仙台市生まれ。上京後、パティシエとしての経験を積み、1998年に渡仏。パリでは「ステラマリス」「サダハル・アオキ」などでの修行を経て、帰国後レストランにてパティシエとして活躍。2002年にはデカダンス・デュ・ショコラの立ち上げに携わり、シェフ・ショコラティエとして腕をふるう。2007年ブルガリ イル・チョコラートのスタートと共にメートル ショコラティエに就任。これまでの4年間で創り出したフレーバーは約100種にものぼり、現在も「ブルガリ イル・カフェ」内にあるチョコレートの工房で、伝統的な技術を用い、手作りにこだわりながら、最高級の素材を組み合わせた宝石のようなチョコレート・ジェムズを生み出している。


Information:
ブルガリ イル・チョコラート
12:00-20:00(日曜日及び祝日は18時までの営業とさせていただきます)

東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー10F

03-6362-0510

ブルガリ イル・カフェ
10:00-21:00 (阪急うめだ本店の営業時間に準ずる)

大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 5F

06-6313-1575

ブルガリ イル・チョコラート 松屋銀座
10:00-20:00(松屋銀座店の営業時間に準ずる)

東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座地下1F

03-3567-1211(大代表)

ブルガリ イル・チョコラート 大阪高島屋
10:00-20:00(大阪高島屋店の営業時間に準ずる)

大阪府大阪市中央区難波5-1-5 大阪髙島屋地下1F

06-6631-1101(大代表)

Questioner: Yukiko Yamaguchi
-----------------------------------------------------------------------------------
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home