2014-01-05

木田龍良(トレモノ)2014.January.10th

1:2014年、新年初ということになるのでしょうか?吉祥寺スターパインズカフェでのライブ、So many tearsに何を叩きつけたいというか、何に対しての挑戦状なのか、興味があるので教えてください。

木田龍良:→とにかく、純粋に「熱い想い」を伝えたいです。FISHMANSやスカパラの曲を聞いて育った世代が、今こうして同じステージに立つことってなかなか出来ないことだと思うんです。なので思う存分、僕等の音楽をぶつけて、先輩からのアドバイスを貰ったり、So many tearsのファンの皆さんに"トレモノ"の攻め続ける姿勢を見てほしいです。新参者ですが、アグレッシブに挑みたいと思います。

2:影響を受けたアーティストの一つに フィッシュマンズとHPにありましたが、アルバムもしくはCD何枚目あたりが好きなんでしょうか?サウンド面やライブ進行等の面でフィッシュマンズを意識したことはありますか?

木田龍良:→いちファンとして尊敬の気持ちを込めて記載していて、FISHMANSは好きですが、特にサウンド面やライブ進行等は意識してません。CDは後期の作品「Oh!Mountain」ですかね、、、収録曲、曲順の流れがドンピシャなんです。

3:2009年バンド結成ということで トレモノとしてのライブ経験をどんどん重ねてらっしゃると思いますが、ライヴに向う意識などは初めと 変わってきているのでしょうか?

木田龍良:→当たり前のことかもしれないですが、同じ感情や気持ちを、同じようにお客さんとシェアすることですかね。それはCDで聞いても感じられなかったりするものだと思うんです、ライブはナマモノなので、その時にしか伝わらない熱があって、それは特に大事に大切にしていますね。

4:トレモノの曲は 浜辺を意識した曲が多いなと感じますが、やっぱ海は昔から好きなんですか?どういうところからアイデアを練っていくのでしょうか?バンドの構成は作曲の時点から意識されているのでしょうか?

木田龍良:→特に意識はしてないですが、沖縄は石垣島出身ということもあり常に海が側にありました。もしかしたらその影響があるかもしれないですね。作曲に関しては、まず曲のイメージよりも、メロディが先行する場合が多いですね。メロディをスタジオに持って行きセッションしつつ、「これいいね」とか「この流れありじゃない?」とかそんな感じで曲が出来上がっていきますね。

5:作曲をする時 CDやレコードは沢山 聴きますか?情報収集等意識しますか?それはクリエイトに関係すると思いますか?

木田龍良:→作曲する時に限らず、普段からCDは沢山聞きますね。洋楽、邦楽とどちらも聞きますが、はまっちゃうとそれしか聞かないという悪い癖もありますね。曲を作る人間として、もっと色んなものに触れなきゃいけないですね。それ課題だと思います。

6:「トレモノ」ってどんな意味ですか?

木田龍良:→音楽用語『toremolo』の『震える、震わせる』という意味と『者(人物)』を掛け合わせ、『震える、震わせる者』という造語がバンド名『トレモノ』の由来。

7:東京ってどんな街だと思いますか?こっちに来て好きになったものはありますか?

木田龍良:→何事においても色んな可能性が秘めてる街。

8:Blogを拝見すると 食べ物がお好きなようですが?東京ではまっているおやつを一つ教えていただけますか?

木田龍良: →チーズケーキは特にハマっていて、この男臭い顔で言うのもなんですが自分で作ったりもします、、、笑

9:沖縄ご出身だそうですが、はまっているおやつを教えてください。

木田龍良:→サーターアンダギー(沖縄風ドーナツ)ですね。 トレモノ企画のライブで僕等が手作りで感謝の気持ちを込めてお客さんに配ったりもしています。

10:最近 毎日していることを一つ、教えてください。

木田龍良:→最近は、作曲、作詞ですね。。。締め切りが近いもので。。。笑

11;何年先のことまで考えていますか?どんな仕事がしてみたいですか?

木田龍良:→もちろん、この先もトレモノを続けている事です。

12:最も影響を受けたカルチャーは何ですか?(音楽以外)

木田龍良:→ファッションですね。もともとトレモノを結成する前は原宿の古着屋で働いていたという事もありまして、ファッションは特にアンテナを張っています。僕にとって音楽とファッションは切っても切り離せない関係で、自分を表現するといういみでは全く同じステージにあるんです。

13:あなたにとって「美しい」とは何ですか?

木田龍良:→見たり、聞いたり、匂ったり、触れたり、食べたり、して感動するもの。

14;好きな花の名前は?

木田龍良:→向日葵。

15;ファンに一言 お願いします。

木田龍良:→いつも応援ありがとうございます。
音を楽しむ旅、どこまでも同じ船に乗って。
最高のクルージングをしましょう。
これからもよろしくお願いします。


(This email's interview is current as of December. 2013)
-----------------------------------------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from 木田龍良(トレモノ)
Related website LINK: トレモノーTOREMONOー オフィシャル

トレモノ プロフィール:
2009 年結成。ソウル、ファンク、レゲエ、ラテン、サーフと様々な ジャンルを独特なセンスでチャンプルーし独自のポップサウンドを 創り出す、沖縄県石垣島出身の木田龍良(キダタツヨシVo&Gt)、難波良(ナンバリョウGt)、 仲間全慶(ナカママサヨシBa)、狩俣匠吾(カリマタショウゴDr) からなる4 人組バンド。 2013年タワーレコード主催オーディションにてグランプリを獲得し、 同年7月3日にリリースした初の全国流通盤となる「TropiCarnival」は タワーレコードのマンスリープッシュアイテム<タワレコメン>に 選出されるなどタワーレコードが大プッシュ。 またリリース後は、【SUMMER SONIC 2013】【MINAMI WHEEL 2013】【BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2013】【海辺の音楽祭 あわのネ 2013】【NEW TOWER GENARATION】など、各地のフェス/サーキットに出演を果たし、ライヴバンドしても多方面から注目を浴びており、2014年1月からは〈音届け者SPECIAL〜トレモノからの挑戦状〜〉と銘打った連続2マン・ライヴ企画でSo many tears、bonobos、SCOOBIE DOといった彼らが敬愛して止まないアーティストとの共演を果たす事になるなど、今注目のライヴバンド!!

ライブ Information:(詳細はオフィシャルまで
・1月26日(日)吉祥寺STAR PINE'S CAFE
〈トレモノPresents「音届け者SPECIAL~トレモノからの挑戦状~So many tears編」〉

・2月12日(水)吉祥寺STAR PINE'S CAFE
〈トレモノPresents「音届け者SPECIAL~トレモノからの挑戦状~bonobos編」〉

・2月21日(金)吉祥寺STAR PINE'S CAFE
〈トレモノPresents「音届け者SPECIAL~トレモノからの挑戦状~SCOOBIE DO編」〉

Questioner: Yukiko Yamaguchi
-----------------------------------------------------------------------------------
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home