2016-07-31

クリスチャン・ブダール(グー・ドゥ・ブリオッシュ) 2016. August. 10th

1: 「グー・ドゥ・ブリオッシュ」の塩味のブリオッシュは珍しいと思いました。看板商品は何でしょうか?日本人旅行者にお勧めはなんでしょう?

クリスチャン・ブダール:
キノコ入りのブリオッシュ。ギー・サヴォワで作っている看板メニューのブリオッシュがお勧めです。


2:「グー・ドゥ・ブリオッシュ」のブリオッシュは、どうして木製パッケージに入れていますか?どんな意図がありますか?味へのこだわり故に風通しを良くする為ですか それとも美しさ(見た目)の為?

クリスチャン・ブダール:どれもブリオッシュの焼き型なだけですよ。

3: 2015年パリに新しいお店をオープンされた理由は?内装もすばらしいですね。

クリスチャン・ブダール:
同系列の三ツ星レストラン「ギー・サヴォワ」の自慢料理で、「アーティチョークと黒トリュフのスープ、キノコ入りブリオッシュ添え」が大変好評で、2015年7月にギー・サヴォワ氏とシェフ パティシエであるクリスチャン・ブダールがその声に応えるべく、手を組んでブリオッシュ専門店「グー・ドゥ・ブリオッシュ」をオープンしました。


4:ブリオッシュを作るために重要だと考えてらっしゃることはなんでしょうか?あなたにとって、ブリオッシュとは何でしょうか?

クリスチャン・ブダール:
ブリオッシュを作るのに最も重要なのは時間ですね。生地を作る為には、時間と愛情が必要です。


5:嗜好についてあなたのこだわりを少し教えていただけますか?

クリスチャン・ブダール:
嗜好についてのこだわりは、良い材料を選ぶということですね。良いバターや良いチョコレート、最良のプラリネ・ローズとか....


6:子供の頃 どんなお菓子が好きでしたか?

クリスチャン・ブダール: おばあちゃんのクレープ。

7:あなたにとって美しいとはなんでしょうか?

クリスチャン・ブダール:自然の賜物

8:パリであなたの好きな景色はどこですか?

クリスチャン・ブダール:
モンマルトルから一望する他には類を見ないパリの眺めです! すばらしい!


9:好きな果物は何ですか?

クリスチャン・ブダール:
短い夏の終わりを告げるプラムです。キラキラ輝く夏の陽の光を浴びてより甘く、ジューシー!


10:ブリオッシュをつくる時のインスピレーションは何でしょうか?

クリスチャン・ブダール:旬の物

11:1日に何時間仕事をしていますか?

クリスチャン・ブダール:
どのくらい働いているでしょ...わかりません....


12:仕事をしていて、一番満ち足りた気分になるのはどんなときですか?

クリスチャン・ブダール:
お客様がおいしいと言ってくださることが,私の報いになります。


13:次に挑戦しようと御考えになっていることは?

クリスチャン・ブダール:
仕事と家庭とのバランスを常にとって ベストな仕事を続けていきたいですね。


14:日本のファンへのメッセージをお願いします。

クリスチャン・ブダール: ご来店お待ちしております。

(This email's interview is current as of July 2016)
-----------------------------------------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from クリスチャン・ブダール(グー・ドゥ・ブリオッシュ/ギー・サヴォワ)
Related website LINK: グー・ドゥ・ブリオッシュ

グー・ドゥ・ブリオッシュ shop 情報:
Goût de Brioch :
[住所]:54 rue Mazarine 75006 Paris
[TEL]:01 40 46 91 67
[営業時間]:火曜−日曜日 9:00−19:00
[定休日]:月曜日
[夏期休暇]:7月24日(日)から8月23日(火)
[営業開始]:8月24日(水曜日)9:00から

Translation and Questioner: Yukiko Yamaguchi
-----------------------------------------------------------------------------------
Webmagazine kimbou:French_ original text ページへ
Web magazinekimbou : French

webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home