2010-02-06

クリア・ブレッカン(ミュージシャン) 2010.February.20th

1:『Pullhair Rubeye』と『Wildering』というふたつの
作品の中でどのCDまたはどの歌が一番好きですか?


クリア・ブレッカン:

wildering が好き。(「わからない」とも言えます)
多分、私がソロになって作曲、プレイした最初の曲だから。



2:ソロを歌うきっかけは?

クリア・ブレッカン:

ソロならいつもでも歌えますから。



3:曲のインスピレーションをどのように得ていますか?

クリア・ブレッカン:

あんまり意識したことないのですが 音楽性とか周りの友達とか 引っ越をしたりなどの変化が 創作意欲を刺激して かなりの時間が「仕事」で埋め尽くされた時期がありました。そのクリエイティブで忙しい時だった頃を考えると 曲のインスピレーションって、色々で同じことってことはないですね。


あなたにとっての創作の源とは?
クリア・ブレッカン:
私の中のひらめきに感謝しています。



4:あなたにとって「美しい」とは何ですか?

クリア・ブレッカン:

感覚を通じて内面を揺り動かされるもの。



5:好きな音、嫌いな音は何ですか?

クリア・ブレッカン:

ちょうど今、微風がすごくここちよく木の葉が揺れています。
好きな音は 心臓の音。
嫌いな音は 3か月ほどの間、「憎しみ」の感情を経験してしまいました。その後、激しい感情を断ち切ったのですが、こんな感情を二度と経験しないですむよう願っています。憎しみが私の声に、怒りの響きを与えたと思います。私の音楽は「怒り」ではないですが、こういった経験も創作の一部だっていうのはわかっています。



6:あなたは自分の家が好きですか?どの場所が好きですか?

クリア・ブレッカン:

自分の家、もしくはアパートのようなものを持っていませんが、アイスランドにいる母の庭に自分の部屋を持っています。最高に美しい小屋で、母が手入れした野菜やみどりでいっぱいの本当に素晴らしい庭なんです。どの場所が特に好きかというとその庭にある古いおけ。



7:日本は好きですか?印象はどうですか?それは何故ですか?

クリア・ブレッカン:

何らかの魔法がいつも日本では作用するみたいです。日本で演奏するのは本当に大好き。ただ、一度ある男の子と私とは、結婚しようという気持ちを抱いたのですが、実現しなかった。その間はとても幸せでした。
京都の、Club METROの舞台裏でした。



8:あなたの好きな景色は何ですか?どこですか?どうして?

クリア・ブレッカン:

たった今お話した、私の母の庭。 彼女が27年間、至る所を世話をした庭です。本当にスペシャルなんです。



9:以下、あなたの好きなものをおしえてください。
1日のうちで一番好きな瞬間は?


クリア・ブレッカン:

一息入れるとき。


10:なにかペットを飼っている?

クリア・ブレッカン:

思いどおりにならない自分の髪の毛。


11:子供の頃、何になりたかった?

クリア・ブレッカン:

動物がたくさんいる旅回りのサーカス団で働いている中国人の子供の養親。


12:好きな花の名前は?

クリア・ブレッカン:

野生の花。


13:好きな鳥の名前は?

クリア・ブレッカン:

一番好きなのは Kria(キョクアジサシ)というアイスランドの鳥です。
私はKriaを手本にするべき。本当にすばしっこくて賢いんです。


14:好きな色は 何?

クリア・ブレッカン:

白と黒、そしてすべての変わった夕闇の色。


15:尊敬する職業は?

クリア・ブレッカン:

ライブですごい人。


16:お気に入りの暇つぶしは?

クリア・ブレッカン:

アーチェリーと羊の助産婦。



(This email's interview is current as of July.2009)

--------------------------------------------------

The Credit will read:
Posted with permission from AFTERHOURS.
All rights reserved by KRIA BREKKAN.

KRIA BREKKAN related website LINK:
AFTERHOURS
myspace KRIA BREKKAN
PAW TRACKS

クリア・ブレッカン プロフィール:

アイスランドを代表するグループ、ムームのオリジナル・メンバーとして知られるKRIA BREKKAN(クリア・ブレッカン)ことKristin Anna Valtysdottir(クリスティン・アンナ・ヴァルティースドッティル)。彼女はムーム脱退後、拠点をニューヨークのブルックリンに移し、アニマル・コレクティブのAvey Tareと連名でのアルバム「Pullhair Rubeye」のリリース、ファースト・ネィションのプロデュースを手がけ、精力的に活動。ソロとして活動を開始し、デビュー・シングル「Wildering」をリリース。そして今回 Paw Tracksよりの「Uterus Water [12 inch Analog]」をリリース。日本では AFTERHOURS より7インチ・レコードを発売中。

Questioner : Yukiko Yamaguchi
Translation : Satoko Kawabata, Yukiko Yamaguchi, AFTERHOURS

-----------------------------------------------------------------------
Webmagazine kimbou English ページへ Web magazinekimbou : English
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ webmagazine kimbou:home