2011-06-05

パトリック・ルメル ( ル・コルドン・ブルー ) 2011. June. 10th.

1:どのような形でお仕事を始められたのですか?

パトリック・ルメル :
この仕事を始めたのは15歳の時のパティスリーでの研修が最初でした。その後、2年間お店で見習いをしてディプロム(免状)をとりました。



2:仕事の面白さはどこにありますか?

パトリック・ルメル :
芸術的側面、創造性、そしてお菓子によって人々に喜びを提供できる点です。



3:パティスリーを作る時のインスピレーションは何?

パトリック・ルメル :
自分の経験、好み、取り巻く環境など。新しい味を発見するようにしています。



4:日本は気に入っていますか?日本での暮らしはいかがですか?

パトリック・ルメル :
日本は大好きです。快適で心地よく利便性の高い暮らしですし、人への思いやりに感銘を受けます。特に、敬虔さが素晴らしいと思います。



5:あなたにとってよいお菓子、悪いお菓子とは?

パトリック・ルメル :
良いお菓子は人を驚かし、また食べたいと思わせるものです。悪いお菓子とは嫌な味が長く残ってしまうものです。。。



6:何がおすすめですか?

パトリック・ルメル :
好みによると思いますが、私自身はババ・ラムやアンブルが気に入っています。



7:お客様が満足するには何が大切ですか?
あなたの抱く「おもてなし」とはどんなイメージですか?


パトリック・ルメル :
きちんとしたサービスを受けること、特に商品に関してきちんと説明を受けることです。どんなイメージを受けるかはサービスする側にかかっています。



8:あなたにとって 「美しい」とは何でしょうか?

パトリック・ルメル :
美しさ、それは見ること、見つめることによる、目で味わう喜びです。



9:あなたが子どもの頃 どんなお菓子が好きでしたか?

パトリック・ルメル:
エクレア、サントノーレ、ルリジューズ、フラン、ダルトワ、ババ・シャンティイーが好きでした。



10:次に挑戦しようとしていることは?

パトリック・ルメル :
ル・コルドン・ブルーで教えることに大きな喜びを感じていますので、続けていきます。



(This email's interview is current as of June. 2011)
-----------------------------------------------------------------------------------
The Credit will read:
Posted with permission from Le Cordon Bleu
All rights reserved by Patrick LEMESLE
Questioner: Yukiko Yamaguchi
Japanese answer : Le Cordon Bleu

Related website LINK:ル・コルドン・ブルー

パトリック・ルメル プロフィール:
パトリックシェフは、豊かな酪農地帯として有名なフランス北部のノルマンディー地方、港町ル・アーブルの出身です。多くのパティシエを目指す少年たちが15歳の若さで修行を始めるように、パトリックシェフも地元の町の菓子屋で修行を始めました。実は、初めからパティシエを目指していたわけではなかったのですが親方がパトリックシェフの内に眠っていたパティシエとしての才能を引き出してくれました。そしてパティシエとしての技術を磨くためにパリを目指し、10年以上の経験を積みました。パリでは1988年からメゾン・カイザーで菓子部門のシェフとして7年間に渡って指揮を執り、多くの新店舗のオープニング、新しい菓子のコレクションの開発にあたりました。シェフのは、プチ・ガトーやアントルメ、タルト、特に季節のフルーツをふんだんに使ったスイーツが得意です。また、お菓子のモダンなデザインや、ジャスミン、ヒナゲシ、野バラ、ラベンダー、スミレといった花の香りをお菓子の味とを融合させることにも興味を持っています。

ル・コルドン・ブルー
パリで1895年に創設された歴史ある料理学校。フランス料理の発展とともに歩み、時代が変わっても愛され続けるクラシックな料理から、新しい技法を取り入れ、進化し続ける現代のフランス料理まで、その時代を担うシェフたちとともに、フランスの料理芸術を継承、世界に向かって発信してきましたル・コルドン・ブルー日本校は、フランス・パリ校と同じ教育システムをとり、日本にいながらにして、フランスの味と技を五感で感じながら、フランス料理・菓子・パンの技術が学べる唯一の学校です。

ル・コルドン・ブルー内 ラ・ブティック
ル・コルドン・ブルーの質の高さを体験できるデリやスイーツ、パンを味わうことができるカフェ。
渋谷区猿楽町28-13 ROOB-1
火曜~日曜 9:30~18:30 定休:月曜日
TEL: 03-5457-2407
-----------------------------------------------------------------------------------
Web magazinekimbou : French ページへ Web magazinekimbou : French webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ
webmagazine kimbou:home