2010-04-06

フレデリック・マドレーヌ( ル・ポミエ ) 2010.April.10th.

1:食いしん坊のためのおすすめのプチ・ガトーBEST3を教えてください。

フレデリック・マドレーヌ:

no1:まずは店の名を冠したプチ・ガトー<ル・ポミエ>から。お店の看板商品で、私の好きなリンゴやヘーゼルナッツ、チョコレートといった素材をあしらいました。お店の床のテラコッタタイルを思い起こさせる六角形は、フランス本土を象徴する形でもあります。

no2:<ル・ヨーヨー・オ・フレーズ>は、バラの香りをつけたイチゴのムースを2つマカロンで挟み、ヨーヨーの動きを表現するためにカットしたイチゴをあしらいました。このプチ・ガトーは、うちのデザイナーのヨーヨー・コレクションから着想を得て作ったんですよ。

no3:<ル・ピエモン>は、ミルクチョコレートのムース、ジャンドゥーヤ、そしてクラッシュアーモンドのヌガーとヘーゼルナッツのビスケットがバランスよく調和しています。ビスケットとジャンドゥーヤのムース、チョコレートの強い風味の持ち味を通して、甘さを楽しんでいただけます。



2:お菓子を創造するとき 何からインスピレーションを受けますか?

フレデリック・マドレーヌ:

街ゆく人々を見たり、美術館や博覧会に足を運んだり、読書することで日々創作意欲をかきたてられます。とりわけ、本に囲まれて自分自身についてよく考えたりしているとインスピレーションが湧いてきます。



3:好きな果物は何ですか?

フレデリック・マドレーヌ:

リンゴ、レモン、ラズベリー、ゆず、野イチゴ。だいたい甘酸っぱい果物が好きですね。お菓子の中のフルーツの存在感が、その味わいと酸味のおかげで引き立つんです。



4:人生において一番大切なことは何ですか?

フレデリック・マドレーヌ:

まず家族があって、それからお店です。新しいアイディア、見たこともない何かを見つけようとたくさんの時間を費やすようにはしていますが、とても難しいことです。いつも時間が足りません!



5:あなたにとって お菓子とは何でしょうか?

フレデリック・マドレーヌ:

何よりも胸の奥深いところにあるものを伝えようとする情熱、お客様や友達に良いサービスを提供し、ハッピーになってもらおうという情熱です。お客様が「***のケーキ、大好き」と言って下さり、お店でまた会えることに、より大きな充足感を感じます。



6:好きなお花は何ですか?

フレデリック・マドレーヌ:

いつもありますが、あえて2つ挙げるとすればデイジーとスミレ。どちらも春が来ると真っ先に咲き誇り、美しい春の訪れを象徴する花だからです。そのうえ、森のはずれの自然の中で見つけたりする野の花ででもありますよね。



7:あなたの好きな日本の景色はどこですか?

フレデリック・マドレーヌ:

たくさんありますよ。とても心が安らぎ、落ち着きをもたらしてくれるお気に入の場所、まさに日本の国そのものである禅の雰囲気を醸し出しているような場所が。たとえば美しい景観と文化的・精神的な豊かさのある金沢ですね。それから、見事な森に包まれた平穏と静けさが息づく軽井沢も。



8:あなたの好きなフランスの風景はどこですか?

フレデリック・マドレーヌ:

もちろんノルマンディーですよ。牛や馬が草を飲む牧草地、田園地帯を貫く外面真壁造りの古びた家々、上陸海岸のある海、トゥルーヴィルからオンフルールへの街、港は一年中とても美しいんです。



9:あなたにとって「美」とは何ですか?

フレデリック・マドレーヌ:

自然なもの、それが私にとって何よりも「美」です。余計な装飾を取り払ったある物や対象物、人の外観は、それを目にした時、私たちが喜びを感じる何かが内側から沸き上がるのに違いありません。



10:あなたにとって「 シンプル 」とは何ですか?

フレデリック・マドレーヌ:

シンプルというのは、装飾なしに自然のままであることです。美食においては、良い素材を使いさえすればシンプルなものが一番素晴らしい、ということがよくあります。人間において定義する場合は、詩人であるピエール・ルヴェルディの「気取らず素のままであること、それはそれなりに容易いことではない」を引用したいと思います。人は何にも持たずに生まれてくるのに、生きていくなかで人生は複雑になり、シンプルに生きることができなくなってしまいます。けれども、本当に大切なのは何かということを忘れてはならない、と思います。



11:日本人のファンへのメッセージをお願いします

フレデリック・マドレーヌ:

私が10年間この素晴らしい国で暮らし、仕事に打ち込む機会に恵まれたというのは、いつも来てくださるお客様の支えと優しさなしにはなかったことでしょう。これからも末永くそうありたいと願っています。これからもどうぞよろしく!



(This email's interview is current as of April.2010)

--------------------------------------------------

The Credit will read:
Posted with permission from Frédéric MADELAINE(Le Pommier).
All rights reserved by Frédéric MADELAINE(Le Pommier) and Pierre Reverdy.

Le Pommier Profile :
フランス・ノルマンディー生まれ。15歳からパティシエ・ショコラティエ職人の道に進む。星付きレストラン「ローラン」「マーク・ムノー」、ホテル「メリディアンパリ」にてシェフパティシエを務める。その後、ダロワイヨ・ジャポンを経て、2005年に「ル・ポミエ」を開店。フランス政府より国家功労賞「シュバリエ」を拝受。昨年9月、「ル・ポミエ」2号店を開店。現在に至る。

北沢店 155-0031世田谷区北沢4-25-11 TEL: 03-3466-3730
麻布店 106-0024港区麻布十番3-9-2 TEL: 03-6435-0104

Le Pommier related website LINK: ル・ポミエ

Now on sale:フランス菓子
--------------------------------------------------
Questioner: Yukiko Yamaguchi
Translation: Satoko Kawabata, Yukiko Yamaguchi
-----------------------------------------------------------------------
Webmagazine kimbou Frenchページへ Web magazinekimbou : French
webmagazine kimbou:on line free paper TOP ページへ webmagazine kimbou:home